Jan 30, 2007

WO!

ポスト @ 22:29:07 | PC

今日は職場でISO9001の内部監査があり,昨年秋から担当委員を拝命した自分が被監査役だったものでちょいと精神的に果てちゃいまして,残業もほどほどにとっとと帰宅しました.で,思わず時間が出来たものですから,昨夜「週末までお預け」とか書いた筆も乾かぬうちに,OS/2マシンにRadeon X300を装着しちゃいました.てへっ.

結果からいうとまっすぐゴーばっちりグーでございますよ.

SNAPはもちろん1920x1200x32bppx60Hzでそのまま使えますし,肝心のビデオ再生のほうも,WVGUIでSNAPプラグインでの出力はもちろん,X300(ID=1002:5B60h)もしっかりサポートのWarpOverlay!最新版でWO出力もなんら問題なくイケました.

…ああ,なんて素晴らしい再生品質なんだWarpOverlay!

SNAP出力は画質的には満足なものの,やはりフレーム書き換え途中が画面上に見えちゃうんですよね(VSYNC同期をやっていないんでしょうかね?).WO!はその点も抜かりなく,結果として「動画を見ていて再生品質に気になる点が何もない」という,いまどき至極当たり前のようでいて実はなかなかOS/2では得難い視聴環境を提供してくれます.Out to desktop機能を使えばこうしてブラウザで遊びながらの壁紙モード再生も出来ますしネ.

余談として,先のコミケでこっそり頒布したSDiLe/2(謎)の最大化ウィンドウ表示も試してみましたが,画像のフェードイン/フェードアウトがi945Gより一段階スムースのようです.時代遅れで低価格品のX300とはいえ,やっぱり買って良かったな,と.