Tags : PC

このTagsの登録数:30件 表示 : 26 - 30 / 30

Mar 08, 2006

ノートPC購入

ポスト @ 23:18:16 | PC

家では枕許PCとしてSharpのMebius Muramasa PC-MV1-5CAというB5ノートを使ってるのですが,こいつは内蔵の無線LANが802.11b(11Mbps)でなので,サーバーに置いてあるムービーファイルを無線 LAN経由で鑑賞しようとするとちょっと帯域不足.かといって802.11g(54Mbps)なPCMCIAアダプタを挿せば帯域は問題ないけどせっかくのスリム筐体に突起が出てしまいちょいと邪魔.そんな煮えきらない思いを長らくして来た先月末,残業代のいっぱいついた給与明細を見ていたら,もうどうしようもなく新しいノートPCが欲しくなってしまったのでした.

で,いろいろ検討を重ね,最終要求仕様はこんな感じに.

  • 職場で使っているA4スリムノートFujitsu Biblo MG75Jの大きさと重さがとてもしっくり来るので,同じタイプ(14.1"液晶搭載,光ドライブ内蔵で2kg以下)が良い.
  • ノートといえどちょっとPacific Fightersも動いたりすると嬉しい.ビデオコントローラがi915ではちょいと不満.
  • CPUやHDDはカスタマイズでハイスペックなものを選択できると嬉しい.
  • そりゃ安いほうがいい.

結果,一度は東芝のDynabook SS LXに決めかけたのですが,最終的にはNECのLavie RXのカスタマイズモデル(PenM 760, HDD100G, MEM1G, XGA, 802.11a/b/g+Bluetooth, SuperMultiDrive)を買いました.理由は,ビデオがRadeon X300相当らしいのと,あと値段.いろんな通販サイトで見ていたときはあまり安い印象は受けなかったのですが,ふとNECダイレクトショップに行ってみたらクーポン割引とかポイント還元とかいろいろやってて,なんだかんだで5万くらい浮く勘定になるのです.

でなわけで,いやぁ〜PC-9800時代からこちら自分用も業務用も含めても初のNEC製パソコン購入ですがな〜…などと感慨にふけるそぶりも見せずに購入ボタンをポチっとな.さすが国内企業,3日ほどで届きました.これがDellなら「ただいま空輸中」とかなるところです.

で,さっそくセットアップしてひととおり弄ってみた感想…というか不満点を無理矢理挙げるならば,

  • Dynabook SS PortageやMuramasaに慣れ親しんだ上での個人的嗜好で言わせてもらえば,手触り/見た目は期待したレベルより一段落ちる感じ. PanasonicのLet's Note的というか,質実剛健なのは認めるが所有する喜びは満たさないよね,みたいな.
  • Pacific Fightersをエクセレント描画で動かすのは無理ぽ.主に地表/海面の描画レベルを落とせばそれなりには動きますが.
  • 光ドライブが左側なのはちょっとディスクの出し入れがやりにくいなぁ.
  • 右側面のファン穴から出る熱気で右手が熱いっす.
  • 無線LANとBluetoothは個別にON/OFF出来ないのね…. という感じ.まぁ,おおむね満足です.

さて,これで枕許WindowsマシンとしてのMuramasaが御役御免になるので,ちょいとOS/2を入れてみようかしら.GenMacで Muramasaの内蔵無線LANがOS/2から使えるのであれば,もう他のPortageたち(計3台)やらThinkPad390EやらのOS/2稼動確認済旧ノートPC群とかは処分しちゃってもいいやと思う今日この頃.

Jan 26, 2006

サイトダウン

ポスト @ 21:47:50 | PC

出先から自宅のOS2.jpにニュースを投稿して,しばらくしてから閲覧しようとしたら,Connection timedoutで繋がりません.

…落ち着け.こんなときは一つ一つチェックさ( ´∀`)

  • 他のサイトは問題なく繋がる→クライアントの問題ではない
  • プロバイダと回線業者のメンテナンス/障害情報をチェック→特に該当するものはない
  • 自宅内の別サーバーにアクセス試行→繋がらない

以上から,どうも自宅のLAN側に問題がありそう.となると,ルーターがハングアップでもしたのかなぁ.まぁ特定のサーバーが壊れたわけではなさそうなので,まずは一安心.…っと,安心するのはまだ早い.最後に大事なことを確認.

  • 自室のISDN電話に電話をかけてみる→繋がる

これで少なくとも火事や停電ではないことは確実.これ以上は出先からは手が出ないので,あとは帰宅後に調べることにし,撤収.

いざ帰宅して見てみたら,ルーターではなく,その先にぶら下がっているPLANEXのスイッチングHUBが死んでおりました.電源LEDはついているものの,ポートのLEDがすべて消えています.電源を入れなおしても復旧しないので,壊れたと判断.幸いにしてLANのGbE化に向けて買っておいた別のスイッチングハブがあったので,これに付け替えて復旧完了.2時間ほどのサイト停止で済みました.

しかし,HUBのような単機能で物理的可動部の無い電子デバイスはまず壊れないと思っていたのですが,職場のHUBもメーカー問わずじわじわ壊れていってるし,ACアダプタを嫌って電源内蔵タイプにしたのが裏目に出たかなぁ.

Jan 25, 2006

OpenWatcom CD到着

ポスト @ 22:49:44 , 修正 @ Feb 01, 2006 23:33:50 | PC

21日に注文したOpen Watcom 1.4のCDが本日届きました.「4〜5日で到着」って謳っていた通りです.モノはモノクロのコピー紙ジャケットなDVDトールケースに入っており.ディスクはラベル面にSciTechのロゴとDevelopper Toolsの文字が入った立派なものですが,記録面を見るとCD-Rであることが分かります.自社用のラベル印刷済みブランクCD-Rにがストックしてあり,注文内容を焼いてから発送してるんでしょうか.

Jan 21, 2006

Open Watcom 1.4

ポスト @ 0:02:57 | PC

Open Watcomコンパイラの1.4きたー!

昨年のSpeakUpオンラインミーティングで開発者のMichal氏が「OS/2版の1.4は出ないかも…あんまりやる気が出ないし」とかぼやいて我等をやきもきさせてくれましたが,無事Windows版と一緒にリリースされました.

しかしいざダウンロードしようと思ったら,ミラーサイトにはまだ置かれていないし,オリジナルサイトは5kB/sくらいの速度しか出ない(涙).こりゃかなわんってことで,せっかくだから寄付がてらCD-ROM媒体を注文しちゃいました.一週間くらいで届くことでしょう.

でもやっぱりこの週末に遊んでみたいなぁってことで再度ダウンロードにトライ.あれ?なにこの250kB/sって速度…(^^;

Jan 09, 2006

bind9 for OS/2

ポスト @ 17:26:27 | PC

Paul Smedley氏がbind9をOS/2に移植してくれたので,OS2.jpサーバーに導入すべく,試してみました.

まずサブマシンにこのbind9バイナリパッケージをインストールし,らぶりぃ本Vol.9を読み返しながらいま使っているbind8のnamed.confとゾーンファイルをおさらいしつつbind9向けにブラッシュアップ.ついでにbind9 のウリ(?)であるview internal/view externalを使ってLAN向けとWAN向けのDNSを設定して,bind.exe -c d:/mptn/etc/named.conf で起動.

…うーん,スバラシイ.digとhostとnslookupで動作確認を行うも,まったく期待通りの動作です.今まではLAN側からOS2.jpなど外向けサーバーをアクセスするためにhostsでいろいろ小細工していましたが,これが不要になりました.また,bind8 for OS/2は起動や終了にコツが要りましたが,bind9はそれも不要.いや,助かります.特に問題も無さそうなので,サーバーマシンに移設して外向けにも本格利用を開始.京ぽん2で外部からアクセスして確認終了.

正直「そろそろサーバーOSをFreeBSDにでも換えようかなぁ」とか思っていましたが,まだしばらくOS/2でがんばれそうです.Paul氏はApache2.2やPHP5の移植も進めているので,いずれ試してみましょう.