Tags : PC

このTagsの登録数:30件 表示 : 6 - 10 / 30

Jun 29, 2008

俗・Atomサーバー

ポスト @ 9:50:55 | PC

サーバーにしたAtomマシンですけど,やっぱりD945GCLFマザー上の4cmファンがやかましいので交換しました。近所のショップで買ったほぼ同回転数のごく普通のファンですが,すっかり静かになりました。もともと付いていたヤツはどうも精度が甘いというか,震動で妙なビビリ音を発していた様子。

サーバー運用3日目ですが,いたって順調。前のSocket478なP4-2.66GHzと比べても特に劣った感は無し。WebやftpやメールサーバーなんてのはCPU能力よりディスクやメモリのIOの方が効きますしね。そうそう,起動時のPOSTんところがえらく遅かった(BIOSロゴが出るまで10秒,ロゴが消えるまで60秒って感じ)んですが,どうもフロントパネルのオーディオポートを使うべく接続していたのが影響していたようで,どうせ使わないからとケーブルを外したら普通になりました。

ところでこれはサーバーマシンに限らないんですが,samba/2がどうにもイマイチです。サーバーの移行をすべく旧マシンと新マシンの両方にsamba/2を構成してファイルをコピーしていたんですが,エラーで落ちたりCPU食いつぶして止まったり,安心して任せられません。不安定なのはどうもクライアントのNetDrive+sambaプラグインの方らしく,

 旧マシン ⇔ Winマシン ⇔ 新マシン

という感じでWindowsマシンに仲介させて,samba/2のサーバー機能だけを使うようにして事なきを得ました。直接ファイルをやり取りするのならftpとか使った方がいいです。 今まではsamba/2で別のOS/2マシンに定期的にサーバーのバックアップを取るようにしていたんですけど,今回の件でだいぶsamba/2(のくライアント)への信頼感を無くしました。なので,サーバーマシンにUSBメモリを挿しっぱなしにして,そっちにバックアップを取るようにしてみたり。最初FAT32.IFSを使ってUSBメモリをFAT32フォーマットでやってみたんですが,あまりの遅さに死ぬかと思ったので今はJFSにしています。

これでだいたい構成は終わりかな。 あとはひたすら安定稼働を望むのみ。

Jun 25, 2008

原子心母鯖

ポスト @ 23:57:29 | PC

先日に引き続きIntel D945GCLF Atomマザーの2枚目を入手したので,DiracのMini-ITXケースを購入してもう一台組んでみました。

atom-svr1.jpg atom-svr2.jpg

どこかのレビュー記事でも指摘されていましたけど,静音性の弱いMini-ITXケースで組むとマザー上の4cmファンのノイズが若干耳に付きます。音量というよりは周波数的な要因ですね。

ちなみにオンボードのRTL8102EネットワークコントローラをどうにかOS/2から使えないかと,RTL8139用rtsnd323のデバイスIDをバイナリ書き換え(10EC:8139→10EC:8136)して試してみたりしましたが,ドライバはロードされるもののネットワークケーブルが外れているとのメッセージが出てダメでした。PHYの制御が違うのかな。Realtekのサイトから拾ってきたBSD用のドライバソースを覗いた限りではそんなに違わなそうなんですけどねぇ…。chagrinさんのRTL8169ドライバを改造してみようかとも思ったのですけど,はて,アセンブラってどうやってビルドするんでしょうか。

とまぁとりあえずネットワークは先に同じくRTL8169なPCIカードに任せることにして,ここ数日OS/2マシンとして環境構築していました。このmikoto.orgやOS2.jpをやらせているwebサーバーを複製して動かしてみた感じでは,パフォーマンス的にも現行サーバーにまったく引けを取らないので,いっそのことこのAtomマシンを本サーバーとして運営してみようかと。これからの季節,熱的にも消費電力的にも多少有利ですしね。

atom-svr3.jpg

上が今回のAtomマシン。下にある現役サーバーのAopen XCubeベアボーンも十分小さいけれど,それに対して幅は同一,高さ1/2,奥行き5/6。ただし電源は内蔵ではなく外部ACアダプタ,てな感じ。

なお,サーバー管理者は引き続き水着のアル・アジフにお任せ。

Jun 24, 2008

gccプロファイラとな

ポスト @ 15:08:07 | PC

mozilla.dev.ports.os2の「Firefox 3: graphic problem, scroll」スレッドでGCCのプロファイラの使い方の話が出ていたのでメモ。

Jun 12, 2008

原子心母

ポスト @ 22:35:23 | PC

つーわけでAtom 230搭載のインテル製Mini-ITXマザーD945GCLFを入手。17cm四方の大きさで,写真の通りほぼ絶望四方といった趣。

D945GCLF-1.jpg

さっそく試そうと思ったのだけど家に手頃なケースがないのでしばし思案。AopenのXC Cubeベアボーンの臓物を外してこのAtomマザーを着けてみようと一瞬思ったけれど,めんどくさいので即☆断☆念。結局,職場に持って行ってPen4+845GなOS/2マシンのリフレッシュに使いました。ごく普通のATXケースに組み込んだけどなんか寂しい…

D945GCLF-2.jpg

OS2.jpのフォーラムにもちょろっと書きましたけど,オンボードNICのRTL8102は今のところOS/2からは利用不能。サウンドはUniAudの1.9.4でOK。ビデオは945GなのでSNAPでOK。1680x1050x32bpp@60zで使いたかったのでgamodeでカスタム設定を作って使用中。ちなみにPanorama Vesaも普通に動きましたが,こっちはWidescreenドライバを入れても1680x1050に出来なかったので利用を断念。

パフォーマンスは…とりあえず上記解像度でWind(minori)のデモムービー640x480/mpeg2をmplayer/2で全画面再生してもガッカリしない程度には上等。SysBenchで見ると,P4-2.4GHzに比べてCPU能力的には6〜8割程度だけど,845G→945Gのパフォーマンス向上とPC-3200→PC2-5300のメモリアクセス速度向上でトータルは上回った感じ。ちなみにそのまま使い回したPATAなディスクIOはまったく差は無し。SATA化すればさらに快適になるやも。

とまぁそんなわけで,一本しかないPCIスロットをNICカードで塞ぐのさえ厭わなければ,OS/2用の格安マザーとして案外いい感じかも〜と思います。