Sep 23, 2008

D945GCLF2

ポスト @ 20:56:03 | PC

IntelのAtom 330すなわちデュアルコアAtom CPUを搭載したマザーボードD945GCLF2が発売開始になったので,さっそく入手してみました。

SANY0075.jpg SANY0078.jpg

シングルコア版のD945GCLFとレイアウトはほとんど変わらず,見た目の変化といえば

  • 電源コネクタが20pinから24pinになった
  • ボード上にSPDI/Fコネクタハウジングが実装された
  • ボード上に2つめのUSBコネクタハウジングが実装された
  • 背面I/OにSVGA出力が付いた
  • ファン付きヒートシンクの背が低くなった

といった程度です。

なお電源コネクタは24pinのうち20pinを挿しておけば稼働しますので,シングルコア版と同じケースや電源でこのデュアルコア版もそのまま使えます。オンボードLANのチップは今回RealTek RTL8111CというGbEに変更になっていますが,OS/2ならシングルコア版(RTL8102E)と同じchagrinさんドライバ(rtgnda)で稼働します。

というわけで,シングルコア版からアップデートするのに何ら障害はないはずなので,さっそく本サーバーマシンとして組み込んだのですが…残念ながらそう簡単にはいきませんでした。本サーバーは安定性を重視して今までずっとBrianさん版のちょっと古いApache 2とPHPを使っていたのですが,これらはSMP環境だとSYS3175を吐いて動いてくれません。今のところとりあえず1コアを潰して稼働させていますが,SMPの恩恵を受けるためにはPaulさん版Apache2+PHP環境に移行しなくちゃダメそうです。でもPaulさん版は何かとトラブルが多いんだよなぁ…shutdown出来なくなったりとか。

Sep 21, 2008

ハイオクたん

ポスト @ 10:16:46 | wave125i

なんでも「〜たん」にすればカワイイってモンじゃないのは重々承知で,Wave125iに初めてハイオクタンガソリンを入れてみました。入れてみたかったワケじゃないんですけど,ふと,何となく。

しかし,試してみるモンですね。回転を上げたときの差は感じませんけど,始動直後や低回転時などに顕著に効果が出ました。ガスがレギュラーよりもしっかり燃え切る感じ。毎朝エンジンをかけてすぐに走り出すのですが,そのときのアクセルレスポンスが良好です。街中を40〜50km/hくらいでのんびり巡航中にちょっと加速したいときなど,今までは3速に落とすところで4速のまま我慢できるようになりました。回転を抑えてのんびり走る私には結構あっているかも。

しばらくハイオクを続けてみよっと。

DEATH MAGNETIC

ポスト @ 9:52:42 | 雑記

先日,メタリカの新譜「Death Magnetic」がリリースされました。

アマゾンで予約入れておいたのに,発売開始後もなかなか発送されず,「これが世に聞くkonozamaか」などと思いつつも,まぁ数日の遅れで届いたから良しとしましょう。

届いたその日の夜にさっそく聴き始めたのですが,気がついたら朝になってました。どうやら途中で寝てしまったようです。翌日あらためて通して聴き直しました。世評では「Master of Puppets」や「...And Justice for All」の頃に戻った!という声が多いようですが,うーん…普通に前作「St.Anger」路線,敢えて過去作で言うならば「Kill'em All」に近い気がします。若気の至り的な部分が消えて,酸いも甘いも知った大人がもう一度作ったKill'em Allというか。ユニークなリフや疾走感はありましたが,おいらが欲しかった緊迫感はありませんでしたし,喜怒哀楽の怒と哀が渾然一体となったような陰鬱感もほとんど感じませんでした。良く出来たアルバムだとは思いますが,St.Angerと同じく,あまり聴かずにどこかに埋もれてしまいそう。

やはり私にとってのメタリカは「Master of Puppets」が頂点なんですよね。これはたぶんもう変わることはないんじゃないかな…と思います。どだい,今のメタリカにあの頃の緊迫感を求めるのが酷な話だってことは分かっているんです。アレは,たとえるなら理論武装した学生のような,世界と戦うために有り余るほどの知識を蓄えつつも「社会経験も無いガキが」と一蹴されかねない,そんな強さと脆さだけが突出した"いびつ"さから来ていた部分が大きかったように思うし。今や一蹴する側のメタル・モンスターとなった彼らが再びアレを手にするためには,メタルを捨てねばならんでしょうね。でもそんなの誰も望まないし。

ボールから突き出た針は,ボールが大きく膨らむと中に埋もれてしまう。人間椅子とかモーターヘッドとか,新譜を聴く度に「今回も尖っているな」と思うのは,いつも針が突き出ているくらいにボールが小さいままだから,なのかなぁ。ものすごく失礼な話だけど。

そんなことを無駄に考えてしまう,2008年の秋。

Sep 12, 2008

Jesus Christ Superstar

ポスト @ 4:00:24 | 雑記

9月16〜18日に放送されるBSマンガ夜話の第35弾で「よつばと!」が取り上げられると聞いて,この奇跡のマンガがどう論評されるのか今から興味津々な今日この頃。とりあえず録画予約だけでもしておこうと番組表を見ていたら,9月18日の夜9:00から「ジーザス・クライスト・スーパースター」の1973年版劇場映画がNHK BS2で放送されるのを思いがけず発見。これ,いつも忘れた頃に放送されるのよね。

ジーザス・クライスト・スーパースター,大好きなんですよ。イエス・キリストの最後の7日間あたりの物語(最後の晩餐とか,裏切りのユダとか)を多少知らないと楽しめないかも知れませんが,70年代っぽい映像とロックテイストなサウンド,イスラエルの砂漠でロケされた荒涼感,そして台詞は全編歌のみとゆー無軌道っぷりが楽しい良作です。しかしこの1973年版はなぜか日本ではDVD化されず,なかなか見るのが大変なのです。なんか権利関係とか言うウワサですけど…海外では普通にDVDになっているだけに嘆かわしい。よりシアターチックなリバイバル版,いわゆる2000年版はDVDで出ましたが,こっちはこっちで既に廃盤ですし,そもそもだいぶ雰囲気が違うので'73年版が好きな人への代用品にはなりません。おいらは'73年版はLDで持ってますがプレーヤが無いので(汗)今のところ海外版DVDから吸い上げたものをPCで見るしかないのですが,たまには字幕付きで見たいので,今度のBS2放送はリアルタイムで楽しみたいと思います。

figma 初音ミク

ポスト @ 3:10:22 | 二次元

figma-miku.jpg 帰宅したらamazonからfigma 初音ミクが届いてますた。いつの間に買ったんだオレ。最近注文や購入の事実をすぐ忘れるケースが多くて困るわー。俗・絶望少女撰集もいつの間にか手元に2本あるし…。まぁそれで3千円分日本経済が潤うなら別にいいのですけど。

しかしfigmaシリーズは初めて買いましたけど,アクションフィギュアを生かす可動式アームのスタンドとか,さらには交換パーツをしまっておく収納袋(ジップロック)まで付いていたりして至れり尽くせり。大きさもちょうどいいし,人気があるのも分かりますなぁ。

さて今日は無性にアイスクリームをバカ食いしたくなったので近所のスーパーに買い出しに。特売していた2000ml@598円の品はさすがのおいらでも食い切れそうもないので,500ml@398円の牧場しぼりを買ってきて,ミクを乗っけて記念撮影。

以前のログ