全アーカイブ

78 件のログがあります。表示 : 11 - 15 / 78

Jul 08, 2008

OS/4

ポスト @ 10:46:38 | PC

自宅のOS/2マシン(サーバーじゃなくてデスクトップとして使っている方)をちょいとCore 2 Quadにしてみました。

いえ別に今までのCore 2 Duoに不満があったわけでもなく,Quadにしたい重いアプリを使う予定もないのですが,

「4コアにしてみたらシステム・アクティビティー・パルスは何色になるんだろう?」

とか思っちゃったもので。

4pulse.png

  • 1CPUのときは,青線
  • 2CPUのときは,青線+赤線
  • 4CPUのときは,青線+赤線+マゼンタ線+緑線

でした。緑とマゼンタのどっちがCPU#3でどっちがCPU#4なのかは分かりませんが,表示順位からするとマゼンタ→緑っぽい。誰かPhenomの3コア持ってたら検証してクダサイ。

しかし,OS/2を動かしているとCPUファンが常時全開なのが困りもの。CPU温度も60°とか行ってそうですよ。パワーマネージメントなんて何にもやってないからなぁ…。拡張SpeedStepドライバとか入れてみたら変わるのかしら。

Mice

ポスト @ 10:31:40 | PC

自宅で使っていたスクロールポイントマウスIIが壊れてしまいました。

スクロールポイントマウスIIはマウスホイールの部分がトラックポイント(スティック)になっており,乗せた指の前後左右への力のかけ具合でスクロール方向および量をコントロールします。初代スクロールポイントマウスはまさにThinkPadでお馴染みのあのトラックポイントがポチッとついておりタップでミドルボタンも兼ねていましたが,この2代目はタップ機能が無くなり,ミドルボタンが別に設けられてるようになりました。UNIX等で昔懐かしの3ボタンマウスにぐんにょりスティックがプラスされた形です。手に馴染むので以前からずっと使っていますが,トラックポイントの台座の部分が構造的に弱く,何も処置をしないと私の使い方では2年と持ちません。いつもはトラックポイントがぐらつき始めた頃にホットメルトで補強して延命するのですが,今回は急激に症状が進行し,マウスを分解しようとトラックポイントのキャップを抜きにかかったらそのままトラックポイント本体ごと基板から剥離してしまいました。

で,amazonが「在庫あり」だったのでそそくさと新しいスクロールポイントマウスIIを注文したのですが,残念ながら注文後に「納期未定」と言われてしまいました。仕方がないのでそっちはキャンセルし,改めて本家レノボのオンラインショップで注文しましたが,こちらも納期が2週間前後と書いてあります。入手できるなら待つのは構わないのですが,2週間もスクロール機能無しはツライし,また今どきの一般的なホイールマウスの使い心地にも若干興味があったので,スクロールポイントマウスIIが届くまでのツナギとしてロジクールのMX400を買ってみました。

LogicoolMX400.jpg


結果:激しく後悔

Operaは知りませんけど,SeaMonkeyもFirefoxもIE7も

  • ミドルボタンでリンクをクリックすると別タブで開く
  • タブ上でミドルボタンをクリックするとタブが閉じる

という操作なので,Webブラウジング中はミドルボタンの使用率が激しく高いんですけど,慣れなのか?持ち方が悪いのか?とにかくこのホイールとミドルボタンの兼用はおいらには耐えられません。ホイールが左右スクロール機能を持ったチルトタイプなので,ホイールを前後左右に動かさないように押下するのが至難の業です。押下しようとした瞬間にホイールが動いてしまい,関係ないリンクを別タブで開きまくってしまいます。

10分ほどがんばりましたが,あきらめました。

おいら,ミドルボタンは,普通のボタンじゃないとダメかも。 そうなるとマウスの選択肢ってほとんど無いんですけど,スクロールポイントマウスIIが生産終了になったりしたら,どうしよう。

幸い,レノボからは新しいスクロールポイントマウスIIが翌日に届き事なきを得ました。ってか,こんなに速く届くんならそもそも別のマウスなんて買わなかったのに…2週間前後というあの納期表示は何だったの…?

LenovoScrollPointII.jpg

Jun 29, 2008

俗・Atomサーバー

ポスト @ 9:50:55 | PC

サーバーにしたAtomマシンですけど,やっぱりD945GCLFマザー上の4cmファンがやかましいので交換しました。近所のショップで買ったほぼ同回転数のごく普通のファンですが,すっかり静かになりました。もともと付いていたヤツはどうも精度が甘いというか,震動で妙なビビリ音を発していた様子。

サーバー運用3日目ですが,いたって順調。前のSocket478なP4-2.66GHzと比べても特に劣った感は無し。WebやftpやメールサーバーなんてのはCPU能力よりディスクやメモリのIOの方が効きますしね。そうそう,起動時のPOSTんところがえらく遅かった(BIOSロゴが出るまで10秒,ロゴが消えるまで60秒って感じ)んですが,どうもフロントパネルのオーディオポートを使うべく接続していたのが影響していたようで,どうせ使わないからとケーブルを外したら普通になりました。

ところでこれはサーバーマシンに限らないんですが,samba/2がどうにもイマイチです。サーバーの移行をすべく旧マシンと新マシンの両方にsamba/2を構成してファイルをコピーしていたんですが,エラーで落ちたりCPU食いつぶして止まったり,安心して任せられません。不安定なのはどうもクライアントのNetDrive+sambaプラグインの方らしく,

 旧マシン ⇔ Winマシン ⇔ 新マシン

という感じでWindowsマシンに仲介させて,samba/2のサーバー機能だけを使うようにして事なきを得ました。直接ファイルをやり取りするのならftpとか使った方がいいです。 今まではsamba/2で別のOS/2マシンに定期的にサーバーのバックアップを取るようにしていたんですけど,今回の件でだいぶsamba/2(のくライアント)への信頼感を無くしました。なので,サーバーマシンにUSBメモリを挿しっぱなしにして,そっちにバックアップを取るようにしてみたり。最初FAT32.IFSを使ってUSBメモリをFAT32フォーマットでやってみたんですが,あまりの遅さに死ぬかと思ったので今はJFSにしています。

これでだいたい構成は終わりかな。 あとはひたすら安定稼働を望むのみ。

Jun 25, 2008

原子心母鯖

ポスト @ 23:57:29 | PC

先日に引き続きIntel D945GCLF Atomマザーの2枚目を入手したので,DiracのMini-ITXケースを購入してもう一台組んでみました。

atom-svr1.jpg atom-svr2.jpg

どこかのレビュー記事でも指摘されていましたけど,静音性の弱いMini-ITXケースで組むとマザー上の4cmファンのノイズが若干耳に付きます。音量というよりは周波数的な要因ですね。

ちなみにオンボードのRTL8102EネットワークコントローラをどうにかOS/2から使えないかと,RTL8139用rtsnd323のデバイスIDをバイナリ書き換え(10EC:8139→10EC:8136)して試してみたりしましたが,ドライバはロードされるもののネットワークケーブルが外れているとのメッセージが出てダメでした。PHYの制御が違うのかな。Realtekのサイトから拾ってきたBSD用のドライバソースを覗いた限りではそんなに違わなそうなんですけどねぇ…。chagrinさんのRTL8169ドライバを改造してみようかとも思ったのですけど,はて,アセンブラってどうやってビルドするんでしょうか。

とまぁとりあえずネットワークは先に同じくRTL8169なPCIカードに任せることにして,ここ数日OS/2マシンとして環境構築していました。このmikoto.orgやOS2.jpをやらせているwebサーバーを複製して動かしてみた感じでは,パフォーマンス的にも現行サーバーにまったく引けを取らないので,いっそのことこのAtomマシンを本サーバーとして運営してみようかと。これからの季節,熱的にも消費電力的にも多少有利ですしね。

atom-svr3.jpg

上が今回のAtomマシン。下にある現役サーバーのAopen XCubeベアボーンも十分小さいけれど,それに対して幅は同一,高さ1/2,奥行き5/6。ただし電源は内蔵ではなく外部ACアダプタ,てな感じ。

なお,サーバー管理者は引き続き水着のアル・アジフにお任せ。

Jun 24, 2008

gccプロファイラとな

ポスト @ 15:08:07 | PC

mozilla.dev.ports.os2の「Firefox 3: graphic problem, scroll」スレッドでGCCのプロファイラの使い方の話が出ていたのでメモ。